2017/10/17

えみおわすの服展を終えて。

暑い日が帰ってきたと思いきや、ぐっと冷え込む雨の毎日。
秋晴れのいいお天気ばかりとはいきませんでしたが、今年のえみおわす展にもたくさんの皆さまに足を運んでいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさま、ありがとうございました。

えみおわすのお二人に出会って、約10年ほど。初めて買ったジャケットは、何度か染め直しをしていただいて今も愛用しています。そのジャケットのように、あの頃と今、同じアイテムもたくさんあるけれど、毎年毎年進化していく服にいつも心奪われます。
今年はまたより上品で上質なものが多く、みなさんを悩ませましたね。
オリジナル生地のコートにヤクのセーター。あたらしいかたちのかばんやポシェット。
どれもいいもの揃いで、ね。
今年はこれで来年はこれを、なんて言っていただけることも毎回嬉しいお声です。
私もここ10年ほどコート難民でしたが、今回ようやく素晴らしいコートを手に入れることができました。
もう寒いのなんてへっちゃらです。

春夏の服をもっと見たいというお声をいただいたので、来年は春にも期間を設けてたっぷり見ていただけるよう計画中です。また詳しいことが決まり次第お知らせしますね。



えみおわすのみなさま、ファンのみなさま、ありがとうございました。





2017/10/06

えみおわすの服展はじまりました。

今日は雨のせいもあり、ぐっと冷え込みましたね。
昨日からニシニシはえみおわす一色。
今年のえみおわすは黒、白、生成、藍、自然色の茶と、落ち着いたトーン、そして上質な素材が揃っています。




 昨日はたくさんのえみおわすファンのみなさまにお越しいただきありがとうございました。
毎回遠くからも足を運んでいただきうれしい限りです。
一番人気だったふとまきパンツ、ヤクウールセーターも明日には追加を届けてくださいます。
明日からの3連休ぜひ覗きにいらしてくださいね。
心よりお待ちしております。






2017/09/21

えみおわすの展

今年もえみおわすの季節です。
岡山では、こちらの展示に向けて準備してくださっています。
定番も、新作も、細部まできめ細やかに丁寧につくられているえみおわすの服。
お二人の仕事ぶりを垣間見るたび、身の引き締まる思いです。
初日5日には、なおきさんがいらっしゃいます。一年ぶりのみなさん、初めてのみなさん、お待ちしていますね。





えみおわすの服展

2017.10月5日(木)〜 10月15日(日)水曜定休



タイの手織り生地や日本のシャトル織機で織った ブロード、タイプライター、パラシュートクロス、 尾州織のウールなど、さまざまな布で仕立てた服と小物。 シャツ、ジャケット、ワンピース、パンツ、スカート。 山梨のニット工場で編んだセーター、 インドの手編みニットが並びます。
ふとまきパンツや丸首ワンピース、 圧縮ウールの羽織コート、ヤク100%のセーター、 寸胴バッグやポシェットなど、 新しい形や素材も作りました。






9月の終わりに。

先日の台風を未だ引きずっているニシニシです。
インスタで報告したように、土間が水浸しになってしまった影響で、まだ湿気が残っていて、なかなかすっきりしません。
10月のえみおわす展までには、カラッとするといいのですが。

そんなこんなで、せっかくのfabrica.最終日夕方は、雨、風、水との格闘になってしまいましたが、期間中足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。
人と人、人とものとがつながる場であることに感謝して、明日からも励みたいと思います。

土間は扇風機を回し、収納の扉を開け放したまんまでお恥ずかしいですが、ニシニシは開けています。
どうぞいらしてくださいね。



2017/09/12

holoshirts.受注会

fabrica.とほぼ同時開催だった3回目のホーローシャツの受注会、こちらも楽しい時間でした。昨日はへちま文庫のカレーもあって盛りだくさん!仏生山のTOY TOY TOYで開催中のTORI TORI TORI展から(株)鳥 代表取締役の社鳥さんもいらしてくださり、和気あいあいとなんだかハッピーな時間となりました。

holoshirts.はいわゆるオーダーシャツなのですが、新しい自分を発見できるシャツだと私は思います。
たかがシャツ、されどシャツなのです。
サイズ感と生地、縫製の丁寧さは着心地だけではなく、その人の印象をも変えるのです。
この頃歳を重ねるほどに大事だな、と思うことの一つです。若く見られたいということではなく、相手に不快な思いをさせないこと。彼はいつも好印象。まさにシャツ王子。ずいぶん年下ですが私も背筋を正して見習おうといつも思います。






次回は年明け2月、シャツ屋のTシャツのサンプルがずらりと並びます。ニットのTシャツではなく、シャツの生地で作るTシャツです。シャツよりカジュアル、Tシャツよりきちっと感がありますよ。もちろんシャツオーダーも承ります。







fabrica.受注会

9月12日火曜日。
明け方からの雨で警報。そんな激しい雨でもないのに中学は昼から。小学校はお休み?そのせいでしょうか、昨日の賑やかさが嘘のように今日は静かな1日です。

まずはじめに、9日のオープニングライブにお越しくださったみなさま、ありがとうございました。
齋藤キャメルさん、ミヤタケタカキさん、このライブを企画してくれた北島さんに感謝です。そしてライブをより良い時間にしてくれた寧日のちせさん!大好きです。ありがとう。
毎回何度も言いますが、みなさんと共有するあの時間がここニシニシにあること、それが何よりの宝物です。
本当にありがとうございました。






かばんに色々詰め込んで旅に出たくなりますね。
メインイベントであるfabrica.帆布かばんの受注会は、このあと17日の日曜日まで続きます。新作の黒もきりりと格好いいですので、ぜひ手に取ってお試しいただきたいと思います。


2017/08/30

齋藤キャメルソロライブ「長い雨があがる朝に」

とうとう8月も終わりが近づいてきましたね。
今年は本当に暑くてバテ気味、、、。
しばらく残暑厳しい毎日が続くでしょうが、9月はしゃきっと新しい気持ちで迎えたいです。

今日は齋藤キャメルさんのライブのご案内です。
fabrica.の展示初日の夜、ニシニシに素敵な歌声が響きます。
ツアーですが、ミヤタケタカキさんとの共演はニシニシのみ。そしてスペシャルドリンクと美味しいお菓子を提げて、寧日さんが出店してくださいます。なんと贅沢な。。。
みなさんありがとう!!
ただいまご予約受付中です。お問い合わせもいつでもどうぞ。



齋藤キャメル(from WATER WATER CAMEL) ソロツアーライブ
「長い雨があがる朝のように」


共演 : ミヤタケタカキ(from tonari session's)
9月9日(土) 
時間 : 18:00開場/19:00開演
料金 : 3000円


ご予約 087-086-0405
nishinishi.aya@gmail.com


齋藤キャメル | パタゴニアの南喫茶店店主・ミュージシャン

1980年、山梨生まれ。
1995年よりWATER WATER CAMEL のボーカル・ソングライターとして活動を開始。CD制作・販売や各地コンサート企画・出演、また企業・教育機関などへの楽曲提供を行う。2009年にパタゴニアの南喫茶店をオープン。2016年に活動拠点を福岡へ移す。


WATER WATER CAMEL 『運命のアラサー』